脳の病気の原因と治療|保険適用で治療が可能!足の血管が浮き出る状態なら病気の可能性大

保険適用で治療が可能!足の血管が浮き出る状態なら病気の可能性大

  1. ホーム
  2. 脳の病気の原因と治療

脳の病気の原因と治療

頭

手足の痺れなどが見られる

中高年以降の年代になると、体の不調を感じている人が多く、生活習慣病に罹るリスクも高まるので、不安を持たれている人が多いです。脳動脈瘤などの血管の病気が心配な人も大勢おられます。脳動脈瘤は子供から大人まで、あらゆる年代の人が罹る可能性のある病気ですが、男性よりもやや女性に多い傾向があります。脳の動脈の一部が薄くなったり、風船のように膨れた形状になることが多く、動脈瘤が小さい時は、自覚症状がほとんどありませんが、大きくなってくると神経を圧迫して、目がかすむなどの不調を感じたり、手足のしびれなどが見られるようになります。動脈瘤が破裂してしまうと、脳内で出血をしてしまうため、激しい吐き気や頭痛、意識消失などが起こりやすくなります。

高血圧や動脈硬化も原因

脳動脈瘤は、喫煙や飲酒の習慣があったり、高血圧や動脈硬化なども原因のひとつになっています。病気を予防するためには、規則正しい生活を送るようにしたり、栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。脳動脈瘤の治療の方法を知っておきたい人が多いですが、動脈瘤が小さい場合は、内服薬を処方して、経過観察を行うことがほとんどです。動脈瘤が大きい場合は、脳出血やくも膜下出血などの重篤な病気を発症する可能性が高くなるので、外科手術が必要になる場合があります。病気を早期発見することが大事なので、定期的に人間ドッグを受けたり、造影剤やCTを使った精密検査を受けることが大切です。脳動脈瘤は遺伝的な要因があると、罹りやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加