がんの新しい治療方法|保険適用で治療が可能!足の血管が浮き出る状態なら病気の可能性大

保険適用で治療が可能!足の血管が浮き出る状態なら病気の可能性大

  1. ホーム
  2. がんの新しい治療方法

がんの新しい治療方法

女医

がん治療として利用

がんの治療方法として、外科的措置、抗がん剤、放射線が一般的に知られています。それほど進行していないときに取られるのが外科的措置です。手術で患部を取り除きます。進行しているときは、抗がん剤や放射線が使われていました。さらにもう一つが大阪の医療機関で受けられます。それは免疫療法です。患者から血液を採取し、免疫細胞を強化したうえで再び患者に戻します。これによって、戻された免疫細胞によってがんに対抗する治療です。大阪でもいくつかの医療機関で免疫療法を受けることが出来ます。他の治療法との違いとして、入院は不要で、副作用もないことが挙げられます。他の治療方法が取れないときや、他の治療方法と併用したいときに行います。

自分の力で治す

擦り傷などをすると、傷をした瞬間は出血や痛みがあります。そのうち痛みが治まり、傷口がふさがり、きずそのものも無くなります。これは治癒力が働いているためです。体の中でも病気やケガが起こりますが、同様に自然に治癒していきます。がんも普通は治癒力、免疫力で消滅しますが、免疫力が低下していると消滅させることが出来ません。大阪の医療機関で行われる免疫療法では、自分自身が本来持っている免疫力を使って治療します。外科などの治療は外的な作用が必要ですが、免疫療法では自分の体の一部を使って治します。薬ではなく元々自分の体にあるものなので、副作用は起きません。大阪の医療機関でも、この治療方法を受けられるところが増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加